経営者様が抱えるお悩みをお聞かせください!

社長の悩みといえば
・売上
・お金
・人
ではないでしょうか。
その中でもお金に関しては「顧問税理士に任せていてよくわからない…」と言われる社長が少なくありません。
3つの課題の中で最も重要にもかかわらずです!

「顧問税理士から何もアドバイスを受けていない…」と言われる社長も多くいます。

会社と社長にお金を残すことで、大事な会社・従業員・家族を守ることができます。
そのためには
・会社と社長個人を一体に考えて「会社と社長の連結バランスシート」を作成
・利益処分の最適化
・節税と社会保険料の削減
・サブスク式売上の安定化
などを行う必要があります。

株式会社ハートフルサポートでは、社長が抱えるお金のお悩みを税理士・社会保険労士・弁護士・中小企業診断士など各分野の専門家が集まるプロフェッショナル集団で解決いたします。
無料相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

会社と社長を一体に考えてお金を残す

「会社と社長は別だ」と言われる方がいますが、正解でもあり不正解でもあります。
多くの経営者は会社の借り入れの連帯保証人になっていたり、自宅が担保に入っていたりします。会社が倒産すれば個人で借金を背負い、自宅も金融機関から取られます。
このような状況で、会社と社長は別だと言えるでしょうか?
会社の倒産などの有事の時だけ一体で、平時は一体ではないのはおかしいと思いませんか?
まさに会社と社長は一体です!
弊社では、会社と社長のお金を残すために「会社と社長の連結バランスシート」を作ることをご提案しております。会社と社長の会計情報を合算で考えると、お金の使い方や会社と社長の現金を持つバランスなどもわかり、効率的にお金を残すことが可能となります。

適正な利益処分でお金を残す

利益をどのように使うのかは非常に重要な課題です。利益の使い方次第で会社の成長度合いも変わりますし、経済危機などのリスクが顕在化した時に会社が存続できるかどうかも決まってきます。
節税も含めてバランスを考えた利益処分をご提案いたします。
詳細はこちら

サブスク式売上の安定化でお金を残す

通常のビジネスは、今月売上があっても来月はゼロからのスタートになります。
「来月の売上がどうなるかわからない…」
「来年はもっとわからない…」
そんな経営者や個人事業主の方は多いのではないでしょうか。
これが来月だけではなく、来年、再来年と売上が安定していると安心すると同時に計画も立てやすくなります。特に今回の新型コロナや、前回のリーマンショックのようなことがあるとなおさら売上の安定が課題となってきます。
さらに収入の蛇口も1つだけではなく、複数ある方がリスク分散も図ることができます。
弊社は、今流行りの「サブスクリプション」を使ったビジネスモデルのご紹介をしております。
初期費用は1万円とリーズナブルで始めやすい価格となっています。
通常のビジネスモデルと違い「売上予測が立つ」「継続した売上が見込める」「新規加入者を増やすことができる」などのメリットがあり、売上を安定させることができます。

24時間365日受け付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせ・無料相談のお申込みはこちら