株式会社ハートフルサポートは「社長と社員の手取りを増やす制度の導入」や「企業型確定拠出年金制度の導入」など福利厚生に関するご提案を行っております。

社員の「手取り」を増やす制度

度重なる制度改正により「手取り」が減っています!

厚生年金保険料率も、2003年度の13.58%から2017年度の18.3%まで毎年引き上げられてきました。
健康保険料は2012年度から10%で固定されていましたが、今年の3月に0.17%引き上げられました。介護保険料はほぼ毎年引き上げられ、2019年度は1.73%です。社会保険料は労使で約30%の負担となっています。

生産年齢人口の減少と高齢者人口の増加を考えると、社会保険料の負担は今後も増加することが予想されます。負担増が話題になる増税と異なり、自動的に給与天引きされる社会保険料の上昇は「見えない増税」といえます。

また、2017年は0.5%、2018年は1.0%物価が上がっており実質賃金がマイナスの法人が多くあります。さらに消費税も今年の10月に上がりますので、何もしなければ実質賃金が減り使えるお金もますます減っていきます。

このままでは、税金や社会保険料の負担の増加・物価の上昇・消費増税など法人側の責任ではないにもかかわらず、社員の満足度が低下する可能性があります。
社員の生活の質も下がり、将来に対しての貯金もできなくなります。

社員の手取りを増やし定着率を高めませんか?

しかし、このような状況を打破している法人もあります
税金や社会保険制度を上手に活用して、法人や社員の負担を減らしています。

日本の税金や社会保険料の仕組みは、残念ながら公平にはできていません。
「知っている法人は得をして、知らない法人は損をする」仕組みとなっています。
ほとんどの中小企業は、この「得する制度」を知らずに損をしているのです。

そこで、弊社では税金や社会保険制度を上手に活用して「社員の手取りを増やす制度」のご案内をしております。一度このような制度を導入されると、国の制度が変わらない限りずっと税金や社会保険料の負担軽減という恩恵を受けることができます。

手取りが増えると、社員満足度が高まり定着率も高くなります。この制度を導入された法人の経営者様からは「離職が減った!」というお声を数多くいただいております。
さらに、社員満足度が高まると仕事に対するモチベーションも高くなり、業績にも良い影響を及ぼすことにつながります。

社員の手取りを増やす制度の主なメリット


  • 手取りが増えます
  • 税金と社会保険料が削減できます
  • 法人の社会保険料も削減できます
  • 母子手当が増えます
  • 保育料が安くなります
  • 公営住宅の家賃が安くなります
  • 社員満足度が高くなります
  • 社員の定着率が高くなります
  • 採用コストが削減できます

「さらに詳しく聞きたい」「どれくらい効果があるのか知りたい」という方は、無料相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。ご相談後「内容が合わない」「効果があまりない」という場合はご遠慮なくお断りいただいて結構です。

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL 092-406-8204 受付時間9:00~18:00【月曜~金曜日】

PAGETOP
Copyright © 株式会社ハートフルサポート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.